Event is FINISHED

Dapps Game領域とToken流通における法的問題点

Description
「大企業のブロックチェーン実装」をテーマに、毎月開催しているBINARYSTAR月例セミナーは、7/1(月)、7/31(水)、8/28(水)の3回開催はDapps Game領域に焦点を当て、日本が世界に誇るゲーム市場の未来の形を提言し、Dapps Game領域の最先端ベンチャー企業やゲーム業界の有識者とともに、今後数年後に巻き起こるGame 3.0×Blockchain 3.0の議論をいたします!

ソーシャルゲーム業界はスマートフォンの普及と相関して市場規模を拡大し、早期に参入した企業はその恩恵を十二分に獲得しました。Dapps Game市場もEOSベースのゲームが登場して以来、ユーザー数においてブレークスルーが起きています。EOSはEthereumと比べて1秒間のトランザクション回数が大幅に早いことと、実質上手数料がかからないことから、UI/UX課題が解決されつつあり、ユーザー獲得数にて顕著に差が表れています。

◆第5回月例セミナー
今後DappsGameはが拡大していく中で、Dapps Gameの特徴であるキャラクターやアイテムがTokenとして売買が進んでいくと必ず法的課題に直面します。第5回月例セミナーでは、Dapps Game領域における法的問題点に関して議論していきます。


主な法的観点としては、


・Dapps Gameの運営企業は「仮想通貨交換業(改定資金決済法)」に該当するのか?
・Dapps Gameのアイテムを外部で売る場合は「賭博罪(刑法)」に該当するのか?
・ログインボーナス等でユーザーへTokenを配布する場合は「景品類(景品表示法)」に該当するのか?

◆Dapps Game事業を円滑に進めていく為に
上記のような法的観点に対してこれから新たなゲーム市場を構築していく、日本のゲームデベロッパーや新進気鋭のブロックチェーンベンチャー企業やゲームユーザーに向けて、体系的なDapps Game業界の法的ガイドラインとなるような情報を提供いたします。

アジェンダ
1.DappsGame最新動向|DappsGame企業が解決すべき重要な課題
19:00 – 19:30
登壇者:岡本伊津美氏

2.Blockchain3.0|EOSが実現するDapps Gameの未来
19:30 – 20:00
登壇者:宇海博氏

3.法的観点|DappsGameにおけるToken流通と法的問題点
20:00 – 20:30
登壇者:井垣孝之氏

5.パネルディスカッション
20:30 – 21:00
モデレーター:岡本伊津美氏、パネル:各講演登壇者

6.懇親会
21:00 – 21:30

(登壇者及び登壇内容は予告なく変更する場合がございます)

<登壇者詳細>
岡本伊津美 氏
【BINARYSTAR株式会社】国内マーケティング・インキュベーションマネージャー

株式会社グローバルダイニングにて商品開発及び店舗開発、多数店舗の立て直しに大きく貢献。株式会社bitFlyerでは経営戦略部カスタマーサポート体制の構築、及び200名規模のプロジェクトを担当。
BINARYSTARでは国内マーケティングとブロックチェーンを導入した新規事業の創出サポート業務を担当。

宇海博 氏
【一般社団法人EOS開発社協会】理事


井垣孝之 氏
【BINARYSTAR株式会社】弁護士・インキュベーションマネージャー

京大法学部卒業。企業法務を中心とする弁護士業の他に、自ら起業した会社やNPO法人など6法人の経営にも携わっており、マネジメントやマーケティング、問題解決を得意としている。

また、基幹システムの開発でシステムエンジニアの仕事もこなし、通常の弁護士の業務を大幅に超えた、ビジネス全般にわたるスキルを持つ。内閣府が所管する「規制のサンドボックス」を用いた新事業の創出にも取り組んでいる。

著書「37の法律フレームワーク」















Updates
  • イベント詳細情報を更新しました。 Diff#458693 2019-07-31 09:16:10
More updates
Wed Jul 31, 2019
7:00 PM - 10:00 PM JST
Add to Calendar
Venue
Tickets
一般 SOLD OUT ¥3,000
メディア FULL
Twitter実況 FULL
BINARYSTAR会員 FULL
Venue Address
1丁目8−19 キラリトギンザ11階 Japan
Organizer
【バイナリースター】イベント事務局
841 Followers